2008年10月31日

“月刊復活アイドルK”沖縄ロケ2日目

“月刊復活アイドルK”沖縄ロケ2日目。

今回はどのシーンもクライマックスと言える。
爾示、“K“と2人のテンションの高さが一致している。

“K“と一緒にいると頭の良さがよく判る。
母性を感じさせる大きさがある。
スタッフ全員が“K“の為なら、という気にさせる。
いい女だ。参った。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

“月刊復活アイドルK”沖縄ロケ

朝5時起きして沖縄ロケに。

“月刊復活アイドルK”来年1月末発売予定。
カメラマンは“月刊シリーズ”初登場の笠井爾示。
爾示はマシンガンのようにガンガン撮っている。
“K“も爆発してテンション高し!

今回もスタッフの化学反応の良さで傑作が出来てると思う。
夜の食事はエロ話で大変盛り上がる。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

ショコタンもメじゃない(?)田中涼子、リアルなエッチ感が抜群の深澤ゆうきを月刊モバイルで撮影

“月刊復活アイドルK”ロケ準備に追われる。
カメラマン、アシスタントはロケハンのため、前乗り。

月刊モバイルで田中涼子(24才)深澤ゆうき(22才)を撮影。

涼子は写真集が出版されるくらい人気者だ。
天然いじられキャラらしい。作り込んだら、ショコタンもメじゃないです。
少女と大人の危ういバランスが魅力的。開花間近。
ryoko-tanaka10.29_045.JPG

ryoko-tanaka10.29_068.JPG

ゆうきはリアルなエッチ感が抜群。気怠いムードがあるので髪を伸ばしているほうが絶対にいいです。
yuuki-fukazawa10.29_044.JPG

yuuki-fukazawa10.29_097.JPG
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

月刊瀬戸早妃/復活そして女優へ

“月刊瀬戸早妃/復活そして女優へ”(斎門富士男撮影)インタビュー。

芸能活動を1年休業して、NYで演技のレッスンとか英会話を勉強して正月映画“空へ ─救いの翼 RESCUE WING─”(角川映画)で女優復活!

“月刊シリーズ”も女優瀬戸早妃を見事に引き出せた傑作。
今までのグラビアアイドルのイメージでは全くない、大迫力です。
最近の瀬戸早妃のポートレート(イワタ撮影)をご覧下さい。
saki-7.4test_005.JPG

saki-9.24test_013.JPG
美しい。
近々、表紙をアップします。

月刊“女優H”打合せ。女優、モデル路線が続きます。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

エロさムンムンのロリータ系、橋本亜美を月刊モバイルで撮影

橋本亜美(19才)を月刊モバイルアクトレスで撮影。

19才のロリータ系だが肉体的にはエロさムンムン。
エクステの長い睫毛がスザンヌを思わせる。
まじめにロリータやってるんだろうけど、成熟したイイ女です。
ami-hashimoto10.27_227.JPG

“女性自身”編集部の半田氏、平井氏が“女の子受けするグラビア”の相談に。
“月刊シリーズ”もそういう風に見られてる。
実際、女の子ファンは多いです。
blog10.27_001.JPG

カメラマン志望も圧倒的に女の子が多いし、アシスタントにも女子が多い。
女の子の男子化もあるのだろう。

夜、カメラマン小野麻早と新宿の“海の家”にてあるお祝い。

blog10.27_017.JPG
フラッシュの木村氏、小野ちゃんのファッションを素敵と言っていた。
靴、450円也。
blog10.27_015.JPG
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

今回が初グラビア、新人の上田あゆみを月刊モバイルで撮影

大雨。愛車のチェロキーが今度はエアコン故障。湿気で窓がくもって見通しが悪く危険。

アイドルを目指す新人上田あゆみ(19才)をモバイル撮影。
今日が初グラビアということで緊張していた。
ayumi-ueda10.24_028.JPG

ayumi-ueda10.24_060.JPG

真面目さとやる気が新鮮でした。

“月刊アイドルK”コスチューム合わせ。
風邪を引いているそうでマスクをかけて登場。
それがまた絵になっている。その写真は近々発表します。

夜、電波系カメラマン小野麻早氏、久々の登場。
出版不況のため、超個性的な小野ワールドはなかなか仕事に結びつきません。
ほとんど仕事が無いそう。
今後は芸術方向でやっていくそうです。
blog10.24_0021.JPG
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

エロの気迫No.1、山口沙紀を週刊.jpで撮影

元ミスマガの山口沙紀を週刊.jpで撮影。

美女にますます磨きがかかり、バストもヒップも大きくなって(?)エロいです。沙紀のエロの気迫はNo.1でしょう。

映画主演、キャンペーンガール等、次から次に決まってます。
来年は沙紀の年になるかも。
saki-yamaguchi10.23_391.JPG

saki-yamaguchi10.23_281.JPG

夜、“月刊奥菜恵ファイナル”の打ち上げ。

今日初めて撮影した写真をみるが、カメラマン蜷川実花が“自分の最高傑作“と断言したとおりの傑作です。鳥肌が立つ凄さ、です。皆も写真をみて大興奮してました。
料理が尚いっそう引き立ちました。
午前1:00くらいまで盛り上がる。
blog10.23_0081.JPG

blog10.23_013.JPG
色っぽさを増した奥菜恵
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

一見ロリータ、実はエロい大人のイイ女、聖じゅんを月刊モバイルで撮影

聖じゅん(21才)を月刊モバイルで撮影。

見た感じはロリータ。でも服装より肉体が勝っていてじつにエロい大人のイイ女です。
jun-hijiri10.22_040.JPG

久々、N&Sプロモーションの佐高氏が来訪。
元、野田社長(現SUNS)の右腕です。
いかにもジャーマネといった感じがいかがわしくて好きです。
今度は写真撮っておきます。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

厚い口唇がエロい瀬長奈津実を月刊モバイルで撮影

週刊プレイボーイの伊勢村氏が久々に来訪。
blog10.20_009.JPG
この人のためなら、という気にさせる男です。

新人、瀬長奈津実(22才)をモバイル撮影。

見た目も気持ちもとてもふくよかな、昔でいう癒し系?
でも、じっくり撮っていくとなかなか現代的な女の子でした。
厚い口唇がエロかった。
nastumi-senaga10.21_162.JPG

nastumi-senaga10.21_154.JPG

nastumi-senaga10.21_205.JPG

フライデー牧村氏、打合せ。

夕方、フリーペーパーの撮影に顔を出す。
blog10.21_001.JPG

blog10.21_004.JPG

夜、週刊現代の新担当の編集者が挨拶に。
blog10.21_011.JPG
<今までの森さん、これからの溝口さん、笠井さん>
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

東映の女優、佐々木麻美を撮影

東映の女優、佐々木麻美を宣材撮影。

TVドラマの役に合わせて茶髪に染めてかなり今風に。
カラッとした性格にはとても似合っている。
芯の部分がゆるぎないのでどんなんでも麻美はOKだと思う。
衣装負けしてません。
asami-sasaki10.20_144.JPG

asami-sasaki10.20_168.JPG

普遊舎、写真集打合せ。
これからだというのに、サイン会まで決まっているのにはビックリ!
 
夜、“月刊復活女優”打合せ。
アートディレクター/清水氏、デザイナー/瀬崎氏、写真/斎門富士男氏、編集長/宮本氏、そしてプロデューサー/イワタ。
blog10.20_007-08.jpg
いつもこんな感じです。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

現役高校生、宇戸しおりを週刊.jpで撮影

宇戸(うと)しおりを週刊.jpにて撮影。

現役高校生とはビックリ。すっかり卒業して上京してきているものと思っていた。
今、地方都市では若者の働く場所が本当に減っていて、若者は大都会を目指して、ますます地方が駄目になってきている。最近、地方ロケが多くそれが目に見えて判るくらいだ。

しおりは自活してグラビアアイドルを目指している純な娘です。
夢はコミック誌の表紙グラビアと、とても謙虚なしおり。
それはすぐに叶うと思います。断言します。最近のグラビアモデルの中では最高な一人です。
uto-shiori10.17_054.jpg

uto-shiori10.17_249.jpg

撮影後、アシスタントのアキラと3人でインドカレーの遅い昼食を。
blog10.17_0021.JPG

私服はちょっと刺激的過ぎます。
uto-shiori10.17_277.jpg

またまた“月刊シリーズ大作”ロケ近し。
夕方、カメラマンの笠井爾示氏、スタイリストのランさんと打合せ。

電波系芸術家、小野麻早に久々TEL。
話が溜まっていたみたいで次から次に話しだす。

グラビアの仕事が激減し、仙台に住む母親の看病をし東京、仙台を行ったり来たりしている苦労人。56才のイイ男です。
きっと今までの行いが報われる日が来ると思います。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

“月刊X”種子島ロケ3日目

“月刊X”in 種子島ロケ3日目。

“月刊つぐみ”in 種子島
x_10.15_012.jpg

x_10.15_045.jpg

x_10.15_053.jpg
本業はスタイリストです

x_10.15_035.jpg
ツグミアシスタントのフーちゃん、とってもシャイです。九州の女

x_10.15_034.jpg
オキロケのなおちゃん、誠実で一所懸命な男です

x_10.15_029.jpg
ヘアメイクのビューティー広瀬

x_10.15_028.jpg
沢渡朔氏アシスタントの國ちゃん

x_10.15_043.jpg
昔、時間が有り余って不安に揺れてた頃、よく寝転んで天井見てました。
切ないです。

x_10.15_051.jpg
若い!ちゃんと毎日体つくってます。まだまだ男の色気たっぷり

x_10.15_057.jpg
杉本博司ではありません。写真/イワタ

x_10.15_083.jpg
さわやか宮本編集長

x_10.15_082.jpg
スケジュール帳

x_10.15_084.jpg
ビューティー広瀬とツグミ

イワタ、一足先に東京へ。あとは任せた。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

“月刊X”種子島ロケ2日目

“月刊X”in 種子島ロケ2日目。

昨日とはうって変わって雲ひとつない快晴。
撮影も快調。沢渡氏の表情から傑作が撮れたと確信。

今回はデジカメとローライで撮っていてデジの一部をチラッと見る。
写真も凄いがXも凄い高度なエロスだ!

今回はロケ場所、衣装も全部、沢渡氏の指定。
スゴーく勉強になりました。

夜は刺身としゃぶしゃぶを。
“一条”のおかみさん、料理に力が入っているのがとても嬉しかった。
みんな喜んでました。ありがとう!
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

“月刊X”種子島ロケ初日

函館から帰ってすぐに南端の地、種子島に“月刊X”ロケへ。

今回の沢渡氏はリキが入っていてロケハンのために前ノリ。沢渡氏がロケハンするのは珍しい。
撮影も今回は次から次へと精力的です!

初日はXと沢渡氏に微妙な距離感があるように思えた。
だが、写真的にはとてもエロい!

x_10.15_004.jpg
いざ種子島へ。

x_10.15_007.jpg
種子島の街にはネコが多かった!
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ロケハンで函館へ

親戚の結婚式参加とロケハンを兼ねて函館に2泊3日。港町に哀愁あり。
昭和の名残りが淋しげでグッとくる。

食事は抜群にどこでも美味しい。特に津軽海峡を見渡せる回転寿し「函太郎」は最高でした。スイーツもたくさん食べて2Kg位太ったかも。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

“月刊X”コスチューム合わせ

“月刊X”コスチューム合わせ。Xは月刊史上最多の登場になるが、今回のカメラマンは巨匠沢渡朔氏。

テーマは「3泊4日の愛」。コスチューム的には沢渡朔氏のミューズ、ブリジット・バルドーが隠れテーマ。スタイリストはご存知売れっ子スタイリストのツグミ。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

“月刊奥菜恵ファイナル”撮影最終日

いよいよ最終日。
美術、照明、生花とセッティングに時間をかけて“人形”奥菜恵を撮る。ワンシーンで全てを撮りきった。蜷川実花は今回の“月刊奥菜恵ファイナル”は自分の最高傑作だと言い切った。
最後のカットを撮り終わった瞬間、奥菜恵は感極まって泣き出した。彼女がこの企画に賭けていた意気込みが伝わってスタッフ全員が感動した。

10.6_054.jpg
メグちゃんのオフショット


10.6_052.jpg
写真家、蜷川実花氏

10.6_033.jpg
実花ちゃんのアシスタント、そして写真家でもあるMARCOさん

10.6_021.jpg
実花ちゃんのアシスタントの柳詰さん、とってもムーディー。

10.6_130.jpg
実花ちゃんのアシスタントの大多和くん24才、イケメンです。


10.6_075.jpg
照明のボス、小澤さん

10.6_027.jpg
照明の昌平さん

10.6_039.jpg
照明のムッシュ北村さん

10.6_045.jpg
照明のセクシーなユカリさん、おでこ蚊に食われてます

10.6_091.jpg
10.6_092.jpg
こちらもセクシー


10.6_034.jpg
お花のボス、つちや氏

10.6_114.jpg
お花アシスタントの吉野さん、好青年

10.6_116.jpg
お花アシスタントの平田さん


10.6_113.jpg
美術の森井氏、徹夜で寝ていません

10.6_104.jpg
美術の佐藤さん


10.6_103.jpg
着物の江木氏、巨匠です

10.6_105.jpg
月刊シリーズ編集長の宮本和英氏

10.6_006.jpg
宮本氏のお手伝いに来たマキちゃん


10.6_040.jpg
ヘアーのTAKU氏、ゴールデンフィンガー!

10.6_097.jpg
ヘアーアシスタントのケイコさん

10.6_056.jpg
同じくヘアーアシスタントのアスカさん、美人です


10.6_129.jpg
メイクのUDA氏、イイ男です

10.6_096.jpg
メイクアシスタントのゴトウさん


10.6_110.jpg
イワタアシスタントのアキラが憧れてるスタイリストのツグミ姉さん

10.6_084.jpg
“月刊ツグミ”?

10.6_111.jpg
ツグミ姉さんアシスタントのフーちゃんとアキラ



10.6_043.jpg
そして、プロデューサーのイワタです。


今回の撮影は毎日が感動の連続だった。来年1月発売、乞うご期待!!
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

“月刊奥菜恵ファイナル”撮影2日目

2日目は“少女”シーン。この日はクライマックスシーンということもあって、スタッフ全員が緊張する。今回はどこもドラマチックと言い切って良い。

10.6_066.jpg
奥菜恵、カメラマン実花、スタイリストつぐみのおしり

現場スタッフ30人が良いものを創っているという気が一体感を生んだ日といってよいでしょう。カメラマン蜷川実花のポラがそれを何よりも確信させる。
一安心の日でもあります。

今日、俺の愛車のチェロキーが故障した。煙を上げながら文京区を3km走る。
ハンドルは重いし、焦った。。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

“月刊女優?”は“奥菜恵”です!

今まで伏せてきたけど、ここで公開します!“月刊女優?”は奥菜恵です。奥菜恵にとっての最後の写真集。

今回は宮本編集長が長年あたためてきた企画に、もう写真集はやらないと言っていた奥菜恵がスゴく興味を示してくれてようやく実現することになった。彼女が“娼婦”“少女”“人形”の3つを演じます。

大掛りな撮影なので準備が大変だった。何しろ通常スタッフの他に、美術スタッフ、照明スタッフ、生花スタッフが入り、総勢30名近いスタッフが関わることに。

写真家の蜷川実花は詳細な絵コンテまで作ってくる力の入れよう。超多忙なのに嬉しくなる。

初日の外はあいにくの雨だが、暗さをうまく利用して照明を作り、奥菜恵が妖艶な娼婦になりきって素晴らしい出来になる。

10.6_079.jpg
薄着の撮影なので寒かったです。

10.6_080.jpg
でも蚊が多くて蚊取り線香を焚く。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

渚ようこ“新宿ゲバゲバリサイタル”

渚ようこ新宿コマ劇場公演“新宿ゲバゲバリサイタル”に行く。

日本の歌謡曲界BESTの一人。その歌は歌謡曲という狭いジャンルにとどまらず“ソウルシンガー”といっても過言ではない人です。
カバー曲の“舟唄”が絶品でした。

ゲストのクレイジーケンバンドの横山剣、三上寛もかっこ良かった。
会場には新宿繋がりの知人がたくさん。
posted by イワタ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。